授業案内一般進学コース

生徒の多様性を生かした指導

文系進学(進路目標に応じてA,Bクラスに分かれる),理系進学(Sクラス)で構成し,基礎的事項を重視して学力の充実をめざすコースです。個性を生かした一人ひとりの多様な進路選択(大学・短大・専門学校・就職)に対応しています。文武両道に重点を置き,学習面はもちろんのこと,部活動や生徒会活動,ボランティア活動等に一生懸命に取り組み成果をあげています。

文武両道をめざす支援体制

文武両道に重点を置き、学習面はもちろんのこと、部活動や生徒会活動、ボランティア活動等に一生懸命に取り組み活躍しています。

主な進学実績
令和4年度
鳥取環境大学、公立小松大学、中央大学(硬式野球部・ボクシング)、東洋大学(サッカー部・男子卓球部)、立命館大学(バトントワリング部)、同志社大学(男子駅伝競走部)、関西学院大学(男子卓球部・女子卓球部)、近畿大学(硬式野球部)など
令和3年度
筑波大学(男子卓球部)、釧路公立大学(吹奏楽部)、津田塾大学(吹奏楽部)、東洋大学(男子駅伝競走部、男子卓球部)、中京大学(男子卓球部)、同志社大学(男子駅伝競走部)、近畿大学(男子駅伝競走部、男子卓球部)など
令和2年度
駒沢大学(硬式野球部)、東洋大学(男子駅伝競走部)、中京大学(男子卓球部)、同志社大学(硬式野球部)、関西学院大学(男子卓球部、女子卓球部)、近畿大学(女子バレーボール部)など

資格取得にチャレンジ

英語検定や漢字検定、日本語ワープロ検定、情報処理技能検定など、さまざまな資格取得にも積極的にチャレンジして、自分を伸ばす体験を積み重ねています。

教育課程

2023年度

合格体験記

令和3年度卒業生

津田塾大学 学芸学部国際関係学科

私は中学生の頃から吹奏楽漬けの日々を過ごしていました。将来は音楽の道に進みたいとの思いが強くあったため、大学については何も考えていませんでした。

高3のある日、急に「自分の力を試してみたい」という気持ちが起こりました。そして、当時の学力には全くあっていなかった志望校の決定に、周りはただただ唖然としていましたが、私は意思を曲げませんでした。遊学館には真面目な生徒が多く、私もそのような生徒だったらよかったのですが、部活動中心で真面目に勉強に取り組んでいなかったので、完全に0からのスタートとなったため、大変でした。(自業自得ですが・・・)

進学校ではきっと、高3になったら欲を打ち消し、全てを勉強に捧げなければならない日々が始まるのだと思いますが、私は部活動でもよい成績を残したく、両立して頑張りました。とにかく大変でしたが、先生方のサポートもあり、部活への貢献と大学進学のどちらも叶えることができました。

「勉強はこれから先も自分の意思次第でいくらでもできるけど、部活は青春の1ページの切り取りであり、私にとって一生モノになったな・・・。」と今になってしみじみ思います。そして、こんなに充実した高校生活を送れたのは文武両道、生徒への熱心なサポートを怠らない「遊学館」のおかげです。本当に感謝しています。

「遊学館」でしか作り上げられない未来の形があります。みなさんもそれを見つけ、後悔のない高校生活を送ってください。人生一度きり。当たって砕けろ!どうせ砕けたってすぐ再生するから。そうやって、自分自身レベルアップしていってください。

令和元年度卒業生

金沢星稜大学 経済学部経済学科

私は、1,2年生の時点では進学するつもりではなく、卒業してすぐに就職するつもりでした。しかし、3年生の初めになっても将来やりたいことが見つからず、もう少し考える時間が欲しかったので大学に進学することにしました。星稜大学を志望した理由は、自分の得意な数学を含めた3教科で受験することができるため、今までほとんど勉強してこなかった自分でも3教科だけなら頑張ればまだ間に合うと思ったからです。

勉強は6月頃から始めました。毎日8時まで学校に残って勉強した後、たくさんの誘惑がある家では勉強ができなかったので、午後10時まで開館している近所の図書館に行くようにして、勉強せざるを得ない環境に身を置くようにしていました。

具体的な勉強方法は、科目ごとに先生におすすめの参考書や問題集などを教えてもらい、ノルマ(「1日10ページする」など)を決めてやるようにしていました。また、私は推薦で受験することができなかったため、推薦入試のための面接練習などに時間を割かず、一般入試の勉強に専念できたことも大きかったのだと思います。それでも、苦手だった英語だけは理解できるようになるまでだいぶ時間がかかりました。最初は参考書に書いてあることも、先生の言っていることもわかりませんでした。そのような状態が数カ月続いて、ようやく少しずつわかるようになったので、苦手な勉強をする時は、わからなくても最後まで諦めないように頑張ってください。

最後になりますが、もし少しでも進路に迷いがある人や、「どうせ今更勉強なんてしても」と考えている人は、とりあえず先生に相談してみてはどうでしょうか。きっとあなたの力になってくれると思います。

金沢工業大学 建築学部建築学科

私は、将来建築士になりたいと考え、金沢工業大学建築学部建築学科をAO入試で受験して、合格することができました。
私が建築に興味を持つようになったのは、中学生の時に京都や奈良の寺社仏閣を訪れたことがきっかでした。それから、趣味で建築物のスケッチをしたり、写真を撮ったりしているうちに、「いつか建築士になって自分がデザインした建物を建ててみたい」と思うようになりました。

建築士になるには、理数科目を学ぶ必要があります。しかし、私は高校1年生の時に体調がすぐれないためにあまり学校に来ることができなかったこともあり、理系の授業についていくことに不安がありました。そのため、コース選択の時には一般進学文系コースを選択しましので、私はこの時点で建築士になることを半ば諦めていました。

3年生の時に金沢工業大学のオープンキャンパスに参加した時に個別相談の担当者が「文系でも大丈夫。やる気があればやれる。」と言ってくださり、「もう一度建築士を目指して頑張ってみよう」と思うようになりました。

私が利用したAO入試は、小論文と事前に提出したエントリーシートを参考にして行われる面接が課せられていました。私は対策として、建築関係の本を読み、今までに旅行で訪れた建築物や金沢市内にある有名建築物の構造と、建築家がその建築物に込めた意図などを調べました。その他に、文系コースの授業では選択できなかった数学Bや数学Ⅲ、物理を自分で勉強し始め、わからない問題を先生方に質問するようにしました。また、面接対策として自分の考えを明確に伝えられるように、先生や友人、家族にお願いして何度も面接練習をしました。

私は進路を決定した時期が遅かったために受験対策が不十分になってしまい、できるだけ早い時期に進路について考え、行動することの大切さを痛感しました。また、いろいろな大学のオープンキャンパスや説明会に参加することで、自分の将来について具体的に考えてみることが大切だと思いました。在校生の皆さん、頑張ってください。

石川県立総合看護専門学校第二看護学科

私は、母が看護師ということもあり看護師という職業がとても身近な存在でした。医師とは違い、病気を治すだけでなく精神面でも患者さんを支えられるところがやりがいだと感じて看護師を志望しました。

初めは、金沢医療センター附属看護学校を推薦で受験しました。しかし、定期テストの前によく来るような謎の余裕が出てきてしまい、本格的に受験勉強を始めたのも夏休みが終わった10月近くでした。当然のことながら、結果は不合格でした。悔しいという感情が来る前に後悔が先に来ました。

その後、金城大学と専門学校2校を受けることにしました。一度落ちたことで少し恐怖心もありました。そんな時に自分の進路について親身になって相談に乗ってくれて真剣に考えてくれた家族や先生、落ち込んだ時に励ましてくれて元気づけてくれた友達がとても大きな心の支えになりました。放課後はできる限り教室に残るか、母の職場にある学習スペースを貸してもらって勉強しました。スマホの使い方にもルールを決めて、SNSを禁止し、友達への連絡も必要最低限にとどめるなどして、できる限り勉強に集中して頑張りました。

具体的な勉強法はというと、数学は、公式を覚えて幅広い問題に対応できるようにし、国語はとにかく問題をたくさん解きました。一番苦手な英語は、単語を覚えて長文問題でも大まかな話の流れをつかめるようにしました。新しく参考書などは買ったりせず、学校のワークやチャート式、過去問を使って勉強しました。分からないところは放課後残って先生やクラスメイトに聞いたりしました。

受験生のみなさんは、今すぐにでも勉強を始めてください。「まだ大丈夫」「明日からやろう」とか思わず計画的に勉強してください。受験当日は、落ち着いてそれまでの勉強の成果を発揮でいるように最後まで頑張ってください。応援しています。

金沢医療センター附属看護学校

私は、金沢医療センター附属看護学校を志望しました。私は幼いころから、「人に寄り添い力になれる仕事に就きたい」という思いがありました。怪我などで病院に行く機会があり、その時に看護師の方が優しく接してくれ、私もそのような看護師になりたいと思い看護学校を志望しました。また、オープンキャンパスに参加した際に、学校の雰囲気がとても明るく看護を学ぶには理想的な環境だと思い金沢医療センター附属看護学校を志望しました。私は、部活動に所属しており、家での勉強時間が多くありませんでした。その中でも、休み時間などを利用して勉強しました。私の受験した学校は、数Ⅰと国語の2教科であした。数Ⅰは、1年生の時に使っていたワークをひたすら解いたりして、すべての問題が解けるようになってから、過去問に取り組みました。国語は、3年生の国語表現で使っていたワークで漢字を覚えてから過去問に取り組むようにしました。2教科でわからない問題などは、教科の先生に聞いたりして理解するように心がけました。受験の前日は、不安な問題を解いて、本番の試験に挑戦しました。

私が、オススメする参考書や問題集は特にありませんが、私は国語の評論文が苦手だったので、評論文だけの問題集を買って勉強していました。その他の数Ⅰは、学校の授業で使用していたワークや教科書を使って勉強していました。また、数Ⅰは多くの問題を解くことで理解が深まるので、黄色のチャートを買って類題を解くようにしました。

これから受験をする方は、不安がたくさんあると思います。今から勉強を始めても早すぎるということはありません。まずは、受験に必要な教科を理解し、その中で一番苦手な教科から勉強を始めると良いと思います。合格を勝ち取るためにも、今から勉強を頑張ってください。

石川県警察

私は、石川県警への就職を決め警察学校に入校することになりました。高校卒業後、進学する仲間よりひと足早く社会人の仲間入りをします。今は、警察官になるという夢を切り拓くことができた喜びしかなく、早く市民を守るため役に立ちたいと思っています。

中学2年生の頃、父が実際にあった事故の体験を聞きました。父がいなくなっていたかもしれないと思うと怖くなり、その思いと同時に「こんな思いをする人をなくしたい」と考えるようになったのです。その頃から警察官になろうと思うようになりました。

警察官というのは、国の治安を維持し、人々の安全を守ることが使命です。これらはもちろんのことですが、私は女性警官として、女性にしかできない細やかな心遣いと優しさを持ち、これからの仕事に励んでいきたいと思います。

公務員試験には、多くの試験科目があります。特に社会系が多く政治・経済を多く勉強する必要があります。また、数学の応用問題も解いておくと良いです。問題集は警察官試験専用の区分に合ったものを使用すると良いでしょう。また、面接や小論文では正しい言葉遣いをする必要があります。これは、その時すぐに対応はできません。ですから、勉強と同様に時間をかけて練習していくのが良いでしょう。

人が夢を見つけるきっかけは様々です。私のように実際の経験から見つける人もいれば、憧れから始まり見つける人もいるでしょう。好きなことを仕事にしてもいいと思います。本気でなりたいと思うのであれば、きっかけは何でもいいのではないでしょうか。自分の意志を強く持っていれば大丈夫です。夢に向かって頑張ってください。